短期賃貸借契約のデメリット

短いからこそ高めになる

賃貸契約と言うのは多くの場合、そこそこ長いことが前提になっていたりします。また、長く借りる契約であればあるほど安くして貰うことができる可能性が高くなるのもまた事実になります。しかし、短期賃借契約と言うのもあります。本当に短い期間だけ借りるということになりますから、スポットで使うという時にはメリットがあるのですが当然、これにはデメリットもあることになります。具体的にいいますとやや高めになるということです。どうしても短期であるが故に費用的に長期契約よりも高めになってしまう傾向が強くあります。この点がまず短期貸借契約のデメリットとして挙げられる部分であり、コスト的な面で注意しないといけない点と言えるでしょう。

根本的に数が少ないこと

短期で借りる事ができるところはよいのですが、割と難しい事になるのがそもそも物件がそんなに多いわけではないと言う点でしょう。ですから、短期賃貸借契約をして自分が必要な期間だけみっちりと借りるということがコスパ的に良い事が多いのは確かではあるのですが、自分の目的とする場所で、自分の望む期間限定で貸してくれるところというのはかなり貴重になることが多いです。デメリットと言うよりはネックともいえる部分ではあるのですがそこだけは注意が必要です。短期で借りるとなりますと敷金とか礼金がない、という部分は利点になりますがその分、退去する時に使い方次第で余計にお金がかかる、となる場合もありますからその点も問題ないように配慮して使いましょう。

© Copyright Fully Furnished Apartment. All Rights Reserved.